毎日の脱毛って面倒くさいですよね。

脱毛面倒

 

そこで、私は友達より少し早く全身脱毛をしました。
実際に、行ってみるとわからないことだらけ、苦労しながら全身脱毛をすることができました。

 

脱毛をしたことを知ると友達から質問攻め、プチ記者会見状態に。

 

回数が続いて面倒なので見ればわかるようにこのページを作りました。

 

友達以外にも脱毛したいけど踏み切れない子の参考になればうれしいな。

 

脱毛サロンの賢い利用 お得になるキャンペーンの利用

 

脱毛サロンを利用するという点では同じなのであれば、より賢く利用することを前提に考えてみるのも一つの方法です。
そうすることによって、サロン通いが楽しくなりますし、金銭的にもかなり得をすることになります。
ここでは、脱毛サロンを利用するにあたってキャンペーンをどうやって利用するかについてお話します。

 

まず、キャンペーンの特典を受ける資格があるのであれば、絶対に利用した方が得です。
キャンペーンを利用してもしなくても、同じサービスを受けるのですし、そうである以上は特典を最大限に活用しなければ損なのです。

 

では、キャンペーンには一体どんな種類のものがあるでしょうか。
例えばですが、無料で施術を受けられるタイプのものが挙げられます。
通常のコースですと有料になりますが、初回の利用に限っては無料という形になります。
本当は脱毛サロンに通ってみたいけど、金銭的にどうしても厳しいから諦めることがなくなります。
しかもサロンで提供されている施術が一体どういうものなのかについて情報を得られるのですから、こんなに有り難い機会はありません。

 

他には、複数のコースに申し込んだ場合に割引になるパターンもあります。
このケースですと、完全に無料というわけではないですが、割引がない通常の申込よりもリーズナブルな価格でサービスを受けることができます。

 

もし希望するコースがあれば、割引特典を活かして申し込んでみるのも良いでしょう。
これだけのことでも、相乗効果が期待できます。

 

脱毛サロンの賢い利用 無料カウンセリングの活用

無料カウンセリング

どこの脱毛サロンでも、カウンセリングを無料で提供しています。
というのも、何も相談しないでそのままサロンと契約をするようでは、後になってトラブルを起こすことにもなりかねないからです。そんな結果になる前に、確実にカウンセリングを受けておく方が、後になって後悔することがありません。

 

また、無料でカウンセリングを利用する際に頭に入れておくべきことについても、前もって知っておく方が良いです。
では、無料カウンセリング利用の際のポイントについては、一体どのように考えれば良いでしょうか。

 

この時に大切になるのは、自分の悩みなどを正直に伝えることです。
他人に悩みを打ち明けるにあたっては、「こんなことを言っては笑われるのではないか」と心配になってしまうかもしれません。
しかし、そんな必要は全くありません。

 

担当のカウンセラーとしても悩みを聞いて下さるし、下手に心配しなくても大丈夫です。
そもそもの話、悩みの種がどこにあるのかが分からなれば、問題の解決に全く繋がりません。

 

これではどのコースが最も適しているのか判断がつかないですし、次のステップに駒を進めることができません。
脱毛サロンに足を運ぶということは、身体における毛の状態に関して、何とかしたいと心の奥底では感じているはずです。

 

何か悩みがあるのであれば、隠すことなく正直に伝える方が得です。
カウンセラーも施術担当者も、悩みに対して嘲笑することはないのですから、その点は心から信じて大丈夫です。

 

脱毛サロンの賢い利用 脱毛サロンの使い分けのメリット

使い分け

今後脱毛サロンに通うにあたっては、一か所のサロンにこだわる必要はありません。
それよりも、複数のサロンを上手く活用するという方法もおすすめです。

 

この方法によって、それぞれのサロンの特徴をフル活用しながら、成果を出していくのも一つの方法です。
では、脱毛サロンの使い分けのメリットとは、一体どんなものなのでしょうか。

 

それは、相乗効果を期待できるということです。
サロンで提供されているメニューの幅が広ければ、そのサロンの施術で基本的に足りることでしょう。
しかし、全てのサロンで多くのメニューを提供しているとは限りません。

 

もしメニューの数が少ないようでしたら、一か所のサロンではどうしても物足りないことにもなりかねません。
それならば、複数のサロンのメニューを受けてみるという方法で考えてみても良いでしょう。
そうすることによって、複数の箇所の脱毛をすることができますし、場合によっては相乗効果も期待できます。

 

なお、無料体験や安価なお試し体験であれば、この方法を是非とも活用してみるのがおすすめです。
同じメニューでも、サロンによって期待できる効果が異なってくるので、金銭的な負担が大きくならないうちに効果を見極めておく方が良いのです。
一つのサロンだけでは、そのサロンが本当に自分に合っているのかどうか分からないですが、複数のサロンを比較対照してみれば、どのサロンのメニューが自分に最もピッタリなのか、明確に区別できるようになります。

 

 

脱毛サロンの賢い利用 脱毛サロンと契約する前の注意点

 

結果に頭がいってばかりですと、気持ちばかりが先走ってしまい、行動もぶれてしまいます。
それよりも、脱毛サロンと契約を交わす前に頭に入れておかないといけないことがあります。
では、実際の契約前に気を付けないといけないのは、一体どんな点でしょうか。

 

まず、契約書の内容をきちんと確認することです。
契約書にサインをするということは、単に形だけ行っているわけではないのです。

契約書の内容を理解できるまで読み、その内容に了承するという意思を示すために署名というアクションをするのです。
書面にサインをしない限り、契約は成立していないですし、こちら側の判断で申込をキャンセルしたいということであれば、全く問題なくできます。
しかし、一度サインしてしまえば、その契約は成立していたことになります。

 

クーリングオフの制度があるとは言えども、これでは後々の手続きをしなければいけないので、面倒なことになります。
それならば、まずはきちんと契約書の内容を理解して納得した上でサインをすることを意識した方が良いでしょう。

 

次に、施術の有効期間についても確認しておくことです。
いくらの金額の施術であろうと、有効期間を過ぎてしまえば、その段階で無効となります。

 

やむをえない状況などの例外措置が適用されることもありますが、基本的には有効期間内に回数を消化することを考慮したいものです。
せっかくの機会だからこそ、時間や費用や労力が無駄にならないように、サロンをフル活用したいものです。

 

脱毛サロンの賢い利用 勧誘された場合の対処

勧誘

お試しコースを受けた後に、脱毛サロンのスタッフから勧誘をされることがあります。
多くのサロンでは「しつこい勧誘はしない」とコミットしているので、基本的に不快に感じることはないでしょう。
しかし、何も全く勧誘されないということはありません。

 

というのも、これではビジネスとしては成立しなくなってしまうからです。
そのため、本コースのご案内もありますが、こういう時にいかにして対処したら良いのかについても、前もって知っておきたいものです。
では、一体どうやって行動すればスマートな対処ができるでしょうか。

 

こういう時に最もいけないのが、そのまま契約書にサインをしてしまうことです。
とりわけお試しコースの後は、施術に満足しているものですから、その勢いで本契約をしてしまいがちです。
しかし、お試しコースを受けたサロン以上に素晴らしい施術を提供しているサロンだって、他にあるかもしれません。

 

そう考えると、他の脱毛サロンの施術が一体どんな感じなのかを全く知ることがなく、通うサロンを決めてしまうのは、どこかもったいないものがあります。
もし勧誘された場合は、「他にも検討しているサロンがある」とキッパリと言ってしまえば良いのです。

 

これだけのことでも、サロン側としては考える時間を下さるし、契約をせかすようなことはありません。
もし、他のサロンと同じ土俵で比較した結果、本契約を断りたい場合でも、それはそれで大丈夫です。
断る時は、その旨を伝えればサロン側も了承して下さいます。

 

脱毛サロンの賢い利用 クーリングオフに関する知識

 

万が一の場合は、クーリングオフの制度を使うことができるのも、脱毛サロンの特徴の一つです。
サロンと契約してみたが、「思っていたことと違っていた」という結果になれば、サロンに通うだけでもつまらないものになってしまいます。

 

こういう時、クーリングオフに関して知識があるかどうかがカギを握っています。
では、万が一解約をしたい時は、どのようにすれば良いでしょうか。

 

こういう時は、サロンの担当者に対して、契約を解除したいという内容を記した書面を送付します。
この際、書式に関しては特に決まってはいませんが、トラブル防止のためにも受け取ったことを証明するタイプの郵便で送る方が無難です。

 

これによって、「書面が届いていないとか」あるいは「所定の期間を過ぎている」と言ったことを告げられなくて済みます。
せっかく書面を送付しても、このような結果に陥ってしまうことを避けるようにしないといけません。

 

次に、クーリングオフの条件に関しても、予め知っておく必要があります。
その条件とは、契約日から8日以内であること、契約した金額が合計5万円以上であること、そして契約した期間が1ヵ月以上あることです。
これらの3つの条件を満たしてクーリングオフができます。

 

もしどうしても困っていることがあれば、最寄りの消費者生活センターに相談してみるのも良いでしょう。
相談すれば担当のスタッフが色々とアドバイスを下さるし、どんな行動をすれば良いのか、自分の中で明確になります。